JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
ロングワイヤー実験
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

     

    今日はよく晴れたので何時もの木曽三川公園BBQ広場へ

    試したいことがあったので実験へ。

    まずは先日のEFHWの再現性を確かめる。

    写真は撮り忘れました。

    エレメントの端が低かったので少しSWRは高め。

    EFHWは周りの影響を受けるを裏付ける結果。

    まぁ〜こんなもんでしょう。

     

    次に試したのは7mエレメントのロングワイヤー

    7MHzフルサイズ(約20m)のEFHWに比べると

    全然聞こえません。

     

    そして、今日の本題、ロングワイヤー(約20m)を試します。

    ATU「Z100Plus」に直接オシロ用の端子で直接続します。

    赤端子にエレメント、緑のワニ口は10m2本のカウンターポイズ。

    展開はこんな感じです。

     

    約5mH釣り竿

    竿の先端にインシュロックを付けます。

    するとエレメントの動きがスムーズ。

    各バンド、ATUでSWRを下げます。

    20m長のワイヤーなので3.5〜運用可能。

    しかし14MHzが下がらない。

    カウンターポイズを短くするとSWRは下がるのでカウンターポイズが肝かも。

    そう考えると山に持っていくのはカウンターポイズが要らないぶん

    EFHWの方が荷物が減りなおかつ7,14,21,28にはそのまま出れるという話に・・・

    | アンテナ | 23:57 | comments(0) | - |
    ベースローディングアンテナ考
    0

      JUGEMテーマ:アマチュア無線

       

      コンディションも春めきハイバンドが徐々に開けているようです。

       

      いつものごとく山用簡易アンテナを考察します。

      海外局でよく見かける簡易アンテナを試してみます。

      amazonのポイントが知らぬ間に貯まっていましたので

      購入してみました。

      実質0円♪ ありがたいw

      オシロスコープ用のBNC端子です。

      MJ-BNCJのL型変換をATUの後ろに装着し接続。

       

      夕暮れは早くあまり時間が無いので簡易に車を使用します。

      システムキャリアに塩ビ管を付ける金具を普段から

      車には付けていますのでそこに釣り竿を挿入♪

      ワイヤーは7mの物が事務所に転がっていました。

      適当にビニールテープで釣り竿先端にワイヤーの端を固定。

      ココで注意・・・

      前回のEFHW給電の場合、ワイヤー長の整数倍で同調しますが

      電流給電となる今回のシステムでは波長の偶数倍は同調しません。

      たとえば7MHzの場合、1/2λ=20mのワイヤー長の場合

      14MHzには同調しません。

      同じことがATUでもおこるので各周波数の倍数にならない数字

      素数である7,11,13mを使用すると全バンドに同調しやすくなります。

      ココでも注意点があり、カウンターポイズ(アースに相当)によって

      同調しない場合がある・・・

      今回は7MHz以上を想定しカウンターポイズは10mを2本接続します。

      赤の端子をエレメントに、緑はカウンターポイズで

      ATUのアースに接続します。

      ATUのTUNEボタン一発でFT-817は送信しATUが動作に入ります。

      便利ですね♪

       

      ココでベースローディングアンテナについて考えます。

      波長に対し短い長さのワイヤーがあれば同調させアンテナとして動作を

      させることは可能です。

      この場合、短いワイヤーの下にマッチングコイル+コンデンサーが必要です。

      このマッチング回路をATUにやらせるのが目的です。

      色々と説明がありますがややこしいのでココでは省略します。

       

      SWRは無事に7〜50MHzで下がりました。

      横に30m程のフェンスがあるのでワニ口で繋いで見たところ

      3.5MHzでもSWRが下がりました。

      カウンターポイズ(アース)の重要性が良くわかります。

       

      夕方で日も暮れてきて寒いので簡易に受信テストしました。

      JA2IGYが50MHzで聞こえるのですが

      モービルホイップHF6CL  S1

      今回の簡易バーチカル   S6

      モービルホイップよりはFBなのでOKとします。

       

      飛びます♪とは言いません。

      オンエアーは可能ですと申し上げます。

      しかし、出られないより出られることに感謝です。 

      QSOは一期一会。

      コンディションに恵まれればQSO可能でしょう♪

      5WでもCWでコンディションに恵まれれば

      世界ともQSO可能なのですと言って終わっておきます(_ _)

      | アンテナ | 18:26 | comments(0) | - |
      EFHWのテスト
      0

        JUGEMテーマ:アマチュア無線

         

        膝痛で山になかなか行けません。

        山に行けないので以前作成しましたEFHWの調整とテストします。

         

        まずはマッチングトランス。

        CQ誌2018年5月号の記事通りに作成です。

         

        山岳移動を想定し釣竿を使用し逆Vに展開します。

        給電部は電圧給電になるために回りの影響を受けますので

        空中に浮かせた状態に展開します。

        また、同軸ケーブルは長さの影響を受けてしまうので

        コモンモードチョークを挿入します。

        コモンモードチョークはFT-114#43に3D-2Vを5回巻きします。

         

        竿は簡易的にポール立てに刺しています。

         

        少し見にくいですが全体像です。

         

        エレメントの長さを21m接続し、徐々に切り詰め調整。

        SWRの測定です。

        7MHz

        14MHz

        21MHz

        28MHz

        全体

         

        上手い具合に7MHzの整数倍に共振点があります。

        アナライザーでは少し高いですがSWRでは各バンド

        2以下になりましたのでOKとします。

         

        ちょうど、JF1NDT/1局がSOTA移動で7MHzに・・・

        コールしましたところQSOできました♪

        今日は14MHzのコンディションが良く

        Twitter知り合いのJP3AIM/3局が14MHzで

        泉南市移動しておられQSO

        BX2AFU局がFT8でQSO

        V84SAAペディション局がCWで応答がありましたが

        プリフィックスNGでログ落ち(T_T)

        ソコソコ飛んでいるようで安心しました。

         

        早く、膝が治って山で試したいところです。

        | アンテナ | 20:26 | comments(0) | - |
        MFJ-1899T 本来の使い方
        0

          JUGEMテーマ:アマチュア無線

           

          1月20日

          今日は朝から雨でした。

          晴れれば色々とやりたいことがあったのですが

          雨は憂鬱です。

          自宅で腐っていても仕方ないのでできる実験をw

           

          MFJ-1899Tに電圧給電したり本来の使い方でないこと

          ばかりですので、一度、原点に返り本来の使い方で

          SWRを追い込めるかテストします。

           

          MFJ-1899Tの本来の使い方を整理します。

          BNCをリグに直付けと考えますと

          1、エレメントは1/4λの長さに合わせる。

          2、1/4λに相当するカウンターポイズが必要。

          上記、2点です。

          まずリグにアンテナを接続。

          長いです。

          アンテナを接続した場合のリグの固定方法は

          再考する必要があります。

          FT-817をお使いの方のH.Pでブックエンドで

          挟むとかありましたの考えましょう。

           

          闇雲に調整してもわからないので

          一度、三脚にアンテナとカウンターポイズを付け

          アナライザーで調整してからリグに付けます。

          この時にアンテナの全長を測定しメモしておきます。

          こういう直付けの使い方は山岳移動を想定しているので

          リグのSWRで長さを微調整します。

           

          まず、問題なさそうな50MHzから…

          カウンターポイズは1.5m*2本でSWRは追い込めました。

           

          次に7MHz…

          カウンターポイズは10m*1本

          おお♪ SWRは下げることができました。

          下に見える白い線がカウンターポイズです♪

          調子に乗って、10MHzもOKです。

          14MHz カウンターポイズ 5mでOK

          14MHz以上は5mでSWRは下がりました♪

           

          再現性を確認するために一度すべて分解。

          今度はアナライザーを使わず測定結果からエレメント長を決定すると

          再現性も問題なく、ほぼ一度の調整でSWRは下げれました。

          使用していると周波数の調整幅と周波数の関係がわかってくるので

          どのぐらい調整すると目標周波数に近づくかわかるようになってきます。

          意外と6,8エリアは強いので楽しめるかな?

          しかし、CWのみですね。

          | アンテナ | 01:03 | comments(0) | - |
          端部給電チューナー
          0

            JUGEMテーマ:アマチュア無線

             

            山移動用アンテナを模索中です。

            何気なくヤフオクを見ていますと以前QRPチューナーを

            購入させて頂いたOMさんがEFチューナーを

            出品されていましたので落札してみました。

            部品を集めたりケース加工をすることを考えますと格安です。

            OMさんありがとうございます♪

             

            端部給電の場合、エレメント長は1/2λが効率が良いです。

            何気なく手持ちのMFJ-1899Tを見ていると有ることに

            思いつきました。

            MFJ-1899Tは3.5〜144MHzまで使用出来ます。

            端部給電ですと7MHzからのアンテナとして

            給電出来ないかと・・・

            実験です。

            後ろのM型コネクタにL変換とBNC-A-PPコネクターで接続。

            某GAWANTみたいになってしまいました。

            芯線をバナナチップで接続。

            アンテナは三脚へ

            MFJ-1899Tは最長の状態に・・・

            上手い具合にSWRは下がりコンディションが良ければ

            簡易アンテナとして使えそうです。

            エレメントのロッドアンテナを調整すると

            7〜50MHzまでSWRは下げられました。

            ただ、短いので飛ぶとは言わないw

             

            そこで、本来の使い方であるロングワイヤーを

            繋いでみます。

            2〜3日後の土曜日

            後ろの柵に4m程のグラス釣竿にエレメント固定

            逆L型にワイヤーを展開します。

             

            隣の畑へ張らせて頂く。

            畑のオーナー何時もありがとう♪

            最初10mで試しましたが14MHz以上でしか使えません。

            そらーそーです。

            端部給電のワイヤー長は1/2λ必要です。

            ワイヤーの長さを変えられるようにしていましたので延長。

            20m長にすると無事SWRは下がりました。

            7、10MHzは20m長

            14MHz以上は10m長でSWRは下げることができました。

             

            コンディションなのか地上高が低いのか微妙ですが

            3エリアが盛大に聞こえ599+

            FT-817 5Wで2局様QSO頂きました。

            RST599を頂きましたがリアル信号なのか不明ですが

            フルサイズになると結構飛んでくれるようです。

            | アンテナ | 20:52 | comments(0) | - |
            FT-1XD 初APRS
            0

              JUGEMテーマ:アマチュア無線

               

              APRSを始めて見たくてFT-1XDを購入しました。

              そんな折りSOTA Japanで「SLIPPER」のサービスが始まりました。

              詳しくは下記へ

              http://jl1nie.hatenablog.com/entry/2018/11/17/104944

               

              仕事車にFT-1XDを積みAPRSを試しますが

              平地を走っていますと上手くゲート局に届きません。

              長い正月で運動不足でしたので、

              近所の養老山系にAPRSの実験に出かけてみました。

               

              養老山系の西側は携帯電話の電波が届かない所が

              結構有ります。

              さぼう遊学館より飯盛山を目指します。

               

              無線機はザックの横へ引っかけました。

               

              登りは尾根伝いで山の東側、携帯電話も問題なく使えます。

              帰りは林道コースへ

              このコースは一度西側に下ります。

              思惑通り山を下ると携帯電話は不通に。

              時々、430MHzのメインチャンネルで時々声が聞こえます。

              車に戻りましたので携帯で

              https://aprs.fi/  を確認。

              無事にルートを表示させることができました♪

               

              このURLとコールサインを家族に伝えておきますと

              家族は家からAPRSの位置情報を表示させることができます。

              遭難をしない事はもちろんですが万が一の場合

              自分の位置を地図上に表示できるのは安心感があります。

              先日、同じ養老山系のSOTA山「恋姫山」 JA/ME-060 - Tashiro

              行きましたが尾根の西側に出ますと殆ど携帯電話は不通。

              山頂も携帯が使えずSOTAのスポットもできませんでした。

              しかし、APRSの電波が届けばAPRSからメッセージ機能を

              使用しスポットすることも可能になります。

               

              まだ、使い初めで良くわかっていないことも多いですが

              少しずつ使いこなせるよう頑張ってみます。

              | SOTA | 21:34 | comments(0) | - |
              2019年 明けました♪
              0

                JUGEMテーマ:アマチュア無線

                 

                あけましておめでとうございます♪

                今年は約20年ぶりに自宅で新年を迎えました。

                せっかくなのでご来光を撮影。

                今年も良い年になりますように。

                 

                お正月から無線機の整理をしつつリグをどう設置するかと

                ハイエースに仮置きしてみました。

                寸法的には運転席の後ろにジャストフィット♪

                移動運用には重宝しそうです。

                ココで軽くFT-891のレビューです。

                小型機の宿命で操作パネルの大きさからボタンが少ないため

                メニューが階層になっており素早い設定変更に時間がかかるために少し面倒。

                しかし、普段使いにはボタンが少ない分簡単で機能を

                絞れば十分実用機。

                ノイズブランカーも良く効きますし何と言っても

                電源電圧の使用可能幅が広い 13.8V±15%は立派です♪

                モービル機、移動機、小型機と考えると僕の中のベストバイです。

                 

                元旦で車も空いていますので昼頃から移動地探しに静岡の一番西側へ。

                海外コンテストに出る上で必要な移動条件を考慮してみます。

                1、海辺であること

                  HFは海辺でしょw

                2、なるべく360度開けている....

                  今の目標は北米東海岸とウラル山脈越え

                  ショートパス方向は開けて欲しいので、

                  北東、北西が開けているのが絶対条件

                  太平洋側ですとアフリカ、南米、オーストラリア方向は大丈夫でしょw

                 

                一応、場所は見つけました。

                夕方、7MHzをモービルホイップで聞いてみましたがいい感じです。

                この場所でDXのメジャーコンテストでチャレンジしてみます。

                 

                しかし、コンディションの方が問題ですね。

                免許の規制緩和は良いですが「移動局の100Wは海外通信に限る」

                とか限定付きで構わないので許可してくれませんかね~ <ーー 総通さん...

                | つぶやき | 01:47 | comments(0) | - |
                2018年を振り返る。
                0

                  JUGEMテーマ:アマチュア無線

                   

                  再開局し今年の2月頃から本格的に運用開始。

                  約一年、フル運用しました。

                  全QSOの内、CWが71% DXが25%

                  QRT前は SSBが99% DXが99%

                  QRPで運用しだしましたので実質CWとデジモードしか

                  QSO出来ない結果です。

                  目標は旧知の先輩に合流することですので

                  なんとかこのままCWを続け合流できるレベルに

                  自分を高めていきたいです。

                   

                  さて、正月休みが始まった12月29日、冷え込んだ結果

                  朝、目覚めると雪・・・

                  APA-4も出せません(T_T)

                   

                  12月30日

                  Twitterで知り合いました2○HH局が急遽SOTA移動で

                  金華山からオンエアーとカキコがありましたので

                  当局の手持ち最強装備で望みますw

                  金華山は自宅から見通し、約17km♪

                  最強と言いましてもショボ設備w

                  FT-817+アンテナRH711

                  見えてるので59+  2○VH局ありがとうございました♪

                   

                  12月31日

                  大掃除してますと郵便局から着弾♪

                  今更ですがZ-817 ATU

                  軽いのでSOTAもはかどる?w

                  まぁーおいおい書いていきます。

                  とりあえず、動作確認のみ。

                   

                  KENWOOD党なのに今年増えたのは八重洲ばかり

                  TFT液晶付きは好きく無いと言うか買えない・・・

                  と言いますか自分のやりたいことに必要ないという感じです。

                  144/430はほぼやらない。

                  D-STARやらない・・・

                  と、機種選定致しますと残ったリグはFT-891、FT-1XD、FT-817だった。

                  八重洲党に衣替えだな・・・

                   

                  そんなこんなで良いお年をお迎えください。

                  | つぶやき | 23:44 | comments(0) | - |
                  MFJ-1899T 電圧給電
                  0

                    JUGEMテーマ:アマチュア無線

                     

                    今年は暖かいのか冬らしくないです。

                    今日は午前中Twitter知り合いの1F○M/2局が144MHzCWでCQ中と

                    つぶやきがあり、たまたま事務所に居りましたのでワッチしますと

                    559にて入感。

                    時間がなかったのでRPT交換のみのQSO

                    何でも JCC#200111 名古屋市港区の展望台から運用とのこと

                    2mって意外に飛ぶんですね。

                    開局時はアマチュア無線全盛期。

                    3エリアに住まいしておりましたが違法局のオンパレードで

                    近づかないバンドでしたので新鮮です。

                    立ったまま首からFT-817をぶら下げ電鍵をFT-817にマグネットで

                    貼り付けQSO・・・

                    何か新鮮な感覚でした。

                     

                     

                    さて、本題のMFJ-1899Tです。

                    購入から色々試しましたがカウンターポイズの影響か

                    非常に動作がクリティカルで移動で常用は出来ないかと

                    諦めておりました。

                     

                    ツェップ型片側給電を

                    山岳移動でやろうと部品を調達中に

                    ヤフオクで片側給電用チューナーを

                    見つけたので落札してみました。

                    お安くして頂いて申し訳ない限りです(_ _)

                     

                    そこでツェップ用半波長ワイヤーの代わりに

                    MFJ-1899Tをエレメントに出来ないか実験してみました。

                    中は想像通りGAWANT風。

                    コイルとポリバリコンで共振が得られる仕様

                    自作で無いため中身は書きませんが

                    GAWANTからBNCとアンテナを外した物に近いです。

                     

                    以前に作成しましたカメラ用三脚に同軸の芯線だけを

                    接続します。

                    仮止めのため線を剥きバナナチップで挟みます。

                    全体像

                     

                    MFJ-1899Tは周波数を選び一番強く聞こえる場所に

                    ショートします。

                     

                    ショート位置を変えつつバリコンを調整しますと

                    7MHz〜50MHzまでSWR1:1.1に調整できるように

                    なりました♪

                    7MHz

                     

                    50MHz

                     

                    7MHzで8エリア局が強力に聞こえましたので

                    呼んでみた所お返事頂きました。

                    やはりQRPはCWですね。

                    ただ、ツェップライク給電、周りの影響は受けやすいようで

                    手を置く位置でSWRが変化しますのでご注意下さい。

                     

                    もう少し、各部を煮詰めて簡易移動用として

                    使いたい所です。

                    | アンテナ | 16:45 | comments(0) | - |
                    MFJ-2275改 3.5MHz その5 完
                    0

                      JUGEMテーマ:アマチュア無線

                       

                      ようやく明るいうちに写真が撮れました。

                      全体像はこんな感じで設置です。

                       

                      バランはFT-240 #43に 3D-2Vを W1JR巻き(キャンセル巻き)

                      100均タッパーに納めビニールテープでマストに固定。

                       

                      SWR測定

                      どうもアナライザーがおかしいらしく

                      2.25と表示されますが実際は1.4

                      同調周波数は同じなので目安にしています。

                      SWR1.4と考えますと75ΩのDPと同じ位なので

                      こんなもんと思います。

                       

                      たまたま、ハワイ局がFT8で見えていましたので

                      呼んでみたところ、お返事が♪

                      全長5m程の超短縮アンテナでQSOが成立ですから

                      デジモード恐るべしです。

                       

                      5回にわけてアンテナ設置レポートをお届けしました。

                      冬の間、楽しめるでしょうか?

                       

                      まとめ

                      元々、3.8MHz用アンテナですので3.5MHzは同調しません。

                      エレメントを20cm程延長しています。

                      同軸とアンテナの接続がM型コネクタなのでバランが挿入できない。

                      バラン代わりにW1JR巻きのコアを挿入。

                      以上、MFJ-2275改 レポートでした。

                      Happy HAM Life♪

                      | アンテナ | 16:46 | comments(0) | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      + PR
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + HF Propagation
                      + amazon
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ