JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
18&14MHz デルタループ その2
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

     

    朝は晴れていましたが夕方から曇ってきました。

    お空の具合も朝の早い時間は国内が各バンド聞こえていましたが

    10時頃より静かになってきたようです。

     

    実験しましたLCマッチを作り直しました。

    こんな感じ

    いつものやっつけ仕事ですw

    雑い・・・

     

    本来は18MHzアンテナを14MHzに使う用のLCマッチなのですが

    時間が無いのと試験をしたく21MHzのデルタループに

    付けてみます。

    MMANA上では18→14MHzの場合

    5μF程度のコイルで良いのですが自由に調整できるように

    多めにコイルを巻いています。

    そこで21→18MHzでも使えるのでは?と目論見実験します。

     

    一本竿、21MHz用デルタループを展開、ワイヤーの端にLCマッチを取り付けます。

    ワイヤーが見にくいな・・・

    マッチングボックスはこんな感じ。

    SWRは見事に下がりました。

    しかし、写真は何処かに・・・(自爆)

    一応、使えることはわかりましたのでOKとしましょう。

     

    あと、12mのスパイダーポールを買ってしまい届きました。

    やはり実績のあるポール非常にしっかりしています。

    俗称ふみたてくんに48mmのガス管1mを刺し
    足場金具で固定しています。

     

    スパイダーポール12mは55mm径

    ガス管は48mmですの異径の足場金具。

    自在に向きが変えられるタイプです。

    なかなか入手しにくかったのですが

    少し離れたバローメガストアーにおいてありました♪

    ラッキー、送料が浮いた。

     

    なぜ、面倒な事をしているか・・・

    こういう使い方を致しますと地面が傾斜していても

    金具の角度を変えることでポールを垂直に立てることができます。

    地面が前方に傾斜してますがポールは垂直にw

    ポールにはゴムを巻き、

    上からエアコン工事用のビニールテープを巻き

    金具と当たる部分を保護しています。

     

    この長さが有れば7MHzの1/4λバーチカルが

    ハイエースの屋根の上で展開出来ないか・・・

    と思ったのですが、少し足りないなw

    プロボックスなら屋根の上に展開できますね。

     

    これだけ長いと色々と使えそうで

    VDAアンテナも良いかな?って思いますが

    ビーム方向を変えるのが面倒になりそうなので

    少し考察したいです。

     

    | アンテナ | 17:32 | comments(0) | - |
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + PR
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + HF Propagation
    + amazon
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ