JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
<< モービル移動用アンテナ | main | SOTAに向け VCHアンテナ 再び・・・ >>
アンテナ理論? 移動アンテナマルチバンド化
0

    どうもマッチング回路が理解できない。

    と言いますか私の頭の構造的に本を読んで理解できない。

    基本、実行して理論を深めるタイプ。

    ココで先日のアンテナを使い自分の理解が正しいのか

    実際に測定してみる。

     

    実は元々はSOTA用にVCHアンテナを作ろうとコイル部を

    作りました。

    ひねくれもんの私は書いてある通りに作らない。

    何とか移動に使える所までSWRは追い込みましたが

    山岳移動の軽量化を考えた場合にコイル部が納得いかず

    作り直すことにした。

    余ったコイルをモービル移動用に転用したという

    経緯でモービルアンテナを作成しました。

     

    釣り竿が6.5mですので、竿長さとコイルありきで計算。

    コイル上1m、コイル下5.2mで計算上合いそうで作成した

    アンテナでした。

     

    このアンテナの数字を眺めているとコイル下の長さが

    5.2mなので14Mhz近くで同調がとれるのではないかと

    実験に出かける。

    そう申しましても今日は平日ですのでお昼休憩に調整します。

     

    今日はありがたいことに訪問先が多度山の麓。

    多度ポケットパークでお昼ご飯にし、アンテナを組み立て

    実験です。

     

    結果、アンテナチューナーを使うと14Mhzで使えます。

     

    アンテナチューナーは古き友人に25年位前に頂いたAT-130改

    AT-130に陸端子を取り付け直接ワイヤーに給電出来るようにした物。

    アースは静電結合用に0.3mmの銅板をマグネットシートで固定

    平編み8SQでアンテナチューナーにつなぎます。

    アンテナチューナーですのでバンド内SWR1.5以下に追い込めます。

    自分の考え方は大凡正しかったのでホッとしました。

    もう少し煮詰めたら十分使えそうです。

     

     

     

     

    | アンテナ | 23:33 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:33 | - | - |









       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + HF Propagation
      + amazon
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ