JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
<< 初SOTA チェイサー QRP 5wモービル | main | CWって考える。 >>
移動運用用 発電機テスト。
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

     

    移動運用とコンテストを考えたときに

    発電機は外せない。

    移動運用のお薦めはホンダの発電機。

    高いなぁーと思いながら少し考える。

    ホンダの発電機で気になったのは

    燃料コックが閉められない。

    キャブレーターにガソリンが残ったまま放置することになる。

    長期間放置しなければ問題ない。

    しかし、放置することもある。

    なぜ、ホンダの発電機がアマチュア無線で重用されるか・・・

    インバーターのノイズ対策にほかならない。

    ホンダの発電機は良くノイズ対策がされており

    ほとんど気にならないらしい。

     

    無銭家ですので色々考えてみる。

    なぜ、インバーター発電機が必要なのか・・・

    普通の発電機は負荷で回転数が変わってしまい

    受信時と送信時で発電機の回転数が変わり出力電圧AC100Vが変化する。

    インバーター発電機は回転が変わっても安定して100Vが供給される。

    しかし、ACに変換時にインバーターを使うので

    ノイズが出て無線機にノイズが入りやすい。

    ホンダの発電機はこのノイズの対策が良く出来ており。

    お薦めなのが理由です。

     

    私は移動用ディープサイクルバッテリーを使っています。

    バッテリーは音もなく静かな運用が可能ですが

    バッテリーでは限界が生じます。

    持っているバッテリーの充電器を確認しますと

    フロート充電可能タイプでした。

    フロート充電とはバッテリーの減った分だけを充電できます。

    これが分かりひらめきますw

     

    発電機はインバーター式でなくてもフロート充電だけなら

    エンジン回転数は一定を保たれるはず。

    負荷は低いのですから・・・

     

    発電機を選定します。

    機械は定格 13.8v 最大電流 20.5A

    20.5Aも流れるのを見たことはありません。

    13.8v x 20.5A = 282.9w

    発電機は100v出ますので計算上300wで足りると考えますが

    変換効率を考えますと450〜600wの発電機ですと足りるでしょう。

    無線機だけですと。

    少しは別の物を使いたいので定格900w 750wが常用できる

    発電機を探します。

    無銭家ですのでヤフオクでゲット♪

    ヤマハ EF-9H

    なぜ、これなのか・・・

    ヤマハの発電機は燃料コックが閉められます。

    発電機を止める前に燃料コックを閉め、そのまま止まるまで

    運転を続けるとキャブレター内のガソリンが無くなってから

    停止することができます♪

    また、比較的安い。

     

    全体像 発電機→バッテリー充電器→バッテリー→

    DC-DCコンバーター(12v→13.8v)→機械です。

    DC-DCの入力と充電器はバッテリーの端子に接続します。

     

    気になるノイズは・・・・

    全くありませんでした♪

    リグが凄いのかも分かりません。

    ノイズ対策する気満々でしたが全く必要ありません。

    ノートパソコンに使っているDC-ACコンバーターの

    ノイズの方が大きいです。

    DC-ACは無くす方向でパソコン用のDC-DC(13.8→19)を

    別途作成します。

     

    今日はSOTA移動の局が多そうなのでチェイサーしようと

    思い即席で7MHz フルサイズ ダイポールを

    18MHzで使えるように細工します。

     

    7MHzの線を外し、18MHz用に切ったワイヤーを接続しSWRを測定します。

     

    6,7,8エリアは良く聞こえますが

    1,2はスキップしていて聞こえません。

     

    10時頃 SOTA移動 DGT局が14MHzで

    出ていると情報を得、ワッチ、電波が出ているのが

    分かる程度・・・

    残念。

    もう一山行くらしい。

    ココで急遽7MHzにアンテナを切り替える。

    NVIS伝搬を試すためアンテナ高を5〜6mにする。

    3エリアが盛大に聞こえる♪

    7MHzに出てきたら交信できるかぁー・・・・と待つ♪

     

    12半頃、運用開始の情報が・・・

    ラッキー♪ 7MHzやん♪ 神様ありがとう♪

    早速、周波数を合わせる・・・

    599で聞こえる局が・・・

    呼んでる方か?

    なんと、DGT局が山から599やん♪

    たぶんコッチの方がハイパワー♪

    交信が終了したので、コールを打電。

    一発コールバックでQSO成立♪

    交信終了時、最後の挨拶をしていると・・・・

    イヌにキーボード踏まれる・・・

    無茶苦茶なCWが送信される・・・

    あわてて、ソフトを止める・・・

    次の方と交信が始まったので良かった♪

    犯人はコイツです。

    娘の腕をすり抜けキーボードにダイブ(T_T)

    コンテストの試験も兼ねていたのでソフトキーイングしてました。

     

    DGT局ごめんなさい。ご迷惑をおかけしました。

    その後、14MHzにも出てこられたようですが、

    2エリアからですと電波が出ているのが分かる程度の強さで

    QSOは出来ませんでした。

     

    7MHzのアンテナでしたので、14,21MHzは使えると

    テストしておりますと21MHz SSBで「VR2FIFA」

    香港FIFAワールドカップ記念局が聞こえましたので

    呼んでみたところ、コールバックがありQSO成立♪

    海外ともQSO出来たことですので撤収します。

     

    DGT局、ありがとうございました。

    今度は逆のパターンで是非QSOをお願いします。

     

    撤収前に写真を撮ってますと警察官が・・・

    警察 「アマチュア無線ですか?」

    私  「何か通報ありました?」

    警察 「いえ、キャンプ場があり飲酒するのが居るので巡回してます」

    私  「ご苦労様♪」

    警察 「どこと交信出来ます?」

    私  「夜はヨーロッパ、朝はアメリカ、さっき香港」

    警察  絶句

    私  「夜中に無線しに来るかも知れんから怪しまんといてな」

    警察 「関西の方ですか?」

    私  「そーやで、分かるんやw」

    警察 「覚えときます」 ブーーーン(カブの音)w

    警察の許可をもらった事にしておこう♪

     

    帰ります。

    | 移動運用 | 18:34 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 18:34 | - | - |









      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << July 2018 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + HF Propagation
      + amazon
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ