JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
<< SOTA ME-060 ME-011 | main | MFJ-2275 その2 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    MFJ-2275 その1
    0

      JUGEMテーマ:アマチュア無線

       

      立冬というのに昼間の気温は24°とか・・・

      冬の感じはしませんが、お空の具合は秋の終わり

      なんだかんだで冬の足音が近づきます。

      夜に聞こえていた7MHz帯も寒くなるごとに

      静かになり聞こえなくなってきました。

       

      アンテナも冬の準備ををしようと今までかつて

      運用したことの無い80mバンドのベランダアンテナを模索し

      MFJ-2275を用意しました。

       

      ラジオパーツジャパンのホームページから

      できあがり予定写真・・・

      こんな感じでベランダに設置します。

       

      片方だけモービルに付けSWR測定します。

      ようするにMFJ-1675ですね。

      さすが75mバンド用アンテナ。

      共振点は3.72MHzなのでバッチリですw

      しかし80mバンドで使用したいので少しアンテナの様子を

      見るためエレメントをIV線1.6mmで追加。

      拡大

      元、電工士なのでこの辺りは得意ですw

      接続部にビニールテープを巻いてとりあえずSWR計ります。

      最初の測定でインピーダンスがおかしいので静電容量アースの

      容量を増やしています。

      周波数が低いほどアースの容量がないといけません。

      測定

      バッチリ37Ω♪

      1/4λアンテナの見本のようなアンテナw

      2本使いダイポールとすると37x2=74Ωなので

      基本ダイポールの75Ωに近いのでバッチリです。

      以前の記事でも書きましたがこのシリーズのアンテナは

      マッチング回路は入らず「そんな物は設置環境で変わるから自己責任でやれ」

      「そのかわり安くしとるやろ」「パワーはある程度入れられるようにしといたる」

      と言うアメリカ精神バリバリアンテナですので

      SWR信仰者には使いにくいアンテナです。

       

       

      延長したエレメントは265mm程です。

       

      延長エレメントは、このままですと接触不良をおこしますので

      接続部分で下の延長用の部品を作成するか、エレメントを長いものに

      交換するか考えてどうにか80mバンドで同調させます。

      少し、考えてみましたが仕事柄エレメント径の

      ステンレスの丸棒は手に入りそうなので

      たぶんそちらの方向にします。

       

      夕方18時頃、少しバンド内を聞いてみます。

      やはり同調がとれていると賑やかに聞こえます。

       

      今日はこの辺りまで。

      なんとか今月中にはオンエアできるようにしたいな。

      バランも作らないと・・・

      | アンテナ | 23:34 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 23:34 | - | - |









         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << April 2019 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + HF Propagation
        + amazon
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE
        + OTHERS
        このページの先頭へ