JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
<< FT-1XD 初APRS | main | MFJ-1899T 本来の使い方 >>
端部給電チューナー
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

     

    山移動用アンテナを模索中です。

    何気なくヤフオクを見ていますと以前QRPチューナーを

    購入させて頂いたOMさんがEFチューナーを

    出品されていましたので落札してみました。

    部品を集めたりケース加工をすることを考えますと格安です。

    OMさんありがとうございます♪

     

    端部給電の場合、エレメント長は1/2λが効率が良いです。

    何気なく手持ちのMFJ-1899Tを見ていると有ることに

    思いつきました。

    MFJ-1899Tは3.5〜144MHzまで使用出来ます。

    端部給電ですと7MHzからのアンテナとして

    給電出来ないかと・・・

    実験です。

    後ろのM型コネクタにL変換とBNC-A-PPコネクターで接続。

    某GAWANTみたいになってしまいました。

    芯線をバナナチップで接続。

    アンテナは三脚へ

    MFJ-1899Tは最長の状態に・・・

    上手い具合にSWRは下がりコンディションが良ければ

    簡易アンテナとして使えそうです。

    エレメントのロッドアンテナを調整すると

    7〜50MHzまでSWRは下げられました。

    ただ、短いので飛ぶとは言わないw

     

    そこで、本来の使い方であるロングワイヤーを

    繋いでみます。

    2〜3日後の土曜日

    後ろの柵に4m程のグラス釣竿にエレメント固定

    逆L型にワイヤーを展開します。

     

    隣の畑へ張らせて頂く。

    畑のオーナー何時もありがとう♪

    最初10mで試しましたが14MHz以上でしか使えません。

    そらーそーです。

    端部給電のワイヤー長は1/2λ必要です。

    ワイヤーの長さを変えられるようにしていましたので延長。

    20m長にすると無事SWRは下がりました。

    7、10MHzは20m長

    14MHz以上は10m長でSWRは下げることができました。

     

    コンディションなのか地上高が低いのか微妙ですが

    3エリアが盛大に聞こえ599+

    FT-817 5Wで2局様QSO頂きました。

    RST599を頂きましたがリアル信号なのか不明ですが

    フルサイズになると結構飛んでくれるようです。

    | アンテナ | 20:52 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 20:52 | - | - |









        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + HF Propagation
      + amazon
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ