JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
<< ベースローディングアンテナ考 | main | 18&14MHz デルタループ その1 >>
ロングワイヤー実験
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

     

    今日はよく晴れたので何時もの木曽三川公園BBQ広場へ

    試したいことがあったので実験へ。

    まずは先日のEFHWの再現性を確かめる。

    写真は撮り忘れました。

    エレメントの端が低かったので少しSWRは高め。

    EFHWは周りの影響を受けるを裏付ける結果。

    まぁ〜こんなもんでしょう。

     

    次に試したのは7mエレメントのロングワイヤー

    7MHzフルサイズ(約20m)のEFHWに比べると

    全然聞こえません。

     

    そして、今日の本題、ロングワイヤー(約20m)を試します。

    ATU「Z100Plus」に直接オシロ用の端子で直接続します。

    赤端子にエレメント、緑のワニ口は10m2本のカウンターポイズ。

    展開はこんな感じです。

     

    約5mH釣り竿

    竿の先端にインシュロックを付けます。

    するとエレメントの動きがスムーズ。

    各バンド、ATUでSWRを下げます。

    20m長のワイヤーなので3.5〜運用可能。

    しかし14MHzが下がらない。

    カウンターポイズを短くするとSWRは下がるのでカウンターポイズが肝かも。

    そう考えると山に持っていくのはカウンターポイズが要らないぶん

    EFHWの方が荷物が減りなおかつ7,14,21,28にはそのまま出れるという話に・・・

    | アンテナ | 23:57 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:57 | - | - |









         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << May 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + HF Propagation
      + amazon
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ