JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
<< ロングワイヤー実験 | main | 18&14MHz デルタループ その2 >>
18&14MHz デルタループ その1
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

    ご無沙汰しております。

    気を抜いている間にコンディションは初夏です。

     

    ループアンテナ好きなのでデルタループを企画してみました。

    きっかけはジョイントボックスの径が水道のジョイントに

    近いと思い、ホームセンターで合わせてみたのがきっかけでした。

    手持ちの釣り竿は水道管のVP30と合うことは知っていましたから

    簡単に90°が出せると思ったからです。

     

    そこで作成、異径ジョイントと2個使い

    20→25 25→30 と変換します。

    釣り竿はamazonでの購入品

    魚釣三昧 ロッド 万能竿H 二代目 剛 630 2本です。

    https://amzn.to/2VC47bi 

    竿先を一本抜き17mのワイヤーでループを作ります。

    作成し測定してみたところ丁度100Ω

    巻き数比1:1.4回=50:110Ωのバラン(インピーダンス変換)

    を使用すると良い感じなので材料を揃えて作成。

    100Ωの抵抗を付けて測定しますと1.9〜50MHzまで

    ほぼフラットになったのでこれを使います。

     

    ワイヤー長を調整すると18MHz用のアンテナは完成したのですが

    ココで欲が出て14MHz用にならないか検討しますw

    ワイヤー長を長くすれば簡単ですが釣り竿を用意したりで

    面倒になり、手持ちにVCH用コイルとバリコンがありましたので

    LCマッチの勉強も兼ねます。

    構想図

    ワイヤー長が足りない分をLで補い

    マッチング補正にコンデンサーを使うと・・・

    上がアンテナ、下がリグ側です。

    実態配線

    いつもの面倒、適当配線ですw

    そして適当のなせる技、団子配線・・・

    実験なので回路図上接続されていると良いと得意の空中配線ですw

    コイルをタップで切り替え同調させたい周波数(14.1MHz)に

    アナライザーを見ながら蓑虫クリップを調整。

    ディップ点が同調させたい周波数に合ったら

    バリコンを回して行くと・・・

    キター─wヘ√レv〜(゚∀゚)─wヘ√レv〜─!!

    14.089MHz SWRは1.11♪

     

    あとは作成したマッチングボックスを元にLとCを入れれば

    14MHz用マッチングボックスを作成すれば、

    ワイヤー長を変えずに14MHzにも出られる♪

     

    さて、次はマッチングボックスを使いやすいように

    作成し直します。

    | アンテナ | 16:16 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 16:16 | - | - |









           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + HF Propagation
      + amazon
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ