JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
<< DX Century Club | main | Nano VNA アナライザー >>
1.9/3.5MHz バーチカル作成
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

     

    今日は特別休日 即位礼正殿の儀 です。

    心静かに即位をお祝いするのですが、

    久しぶりの休日で晴れ♪

    心ではお祝いしながらアンテナの作成です。

     

    秋も深まり・・・と言う気候でも無いのですが

    お空の具合はスッカリ秋。

    DXペディションもローバンドが華やかです。

     

    狭小住宅に住み続けて参りましたのでローバンドは

    目をつぶって生きてきましたが

    これから冬になるとますますローバンドのシーズン

    冬も楽しめるように1.9と3.5MHzに出られるように

    バーチカルアンテナを作成してみます。

     

    まずは構想

    短縮率が高くなるバンドですからなるべく

    長いポール・・・と言うことで

    手持ちのスパイダービーム社 HD12m で考えます。

     

    コチラのサイトで必要なコイル容量を計算させて頂きました。

    https://crystal-set.com/calc/center_loading.php

    上エレメント10.5 下エレメント0.5m で計算しますと

    約93μF必要らしい。

    次に93μFにするためのコイルの大きさを計算します。

    計算は同じサイトから

    https://crystal-set.com/calc/coil_solenoid.php

    直径125mmで26回巻けば容量は足りると出ました。

    この辺りは作成される環境で変更して下さい。

     

    そして空心コイルの作成です。

    土台は100均で購入しましたゴミ箱。

    紙を巻いて取り外せるようにします。

    コイルの隙間用に自在ブッシュを大人買い。

    25回巻いて測定。

    ゴミ箱から抜いて紙を取り除きます。

    コイルの完成です。

    ワイヤーを用意します。

    元々作成していた7MHz1/4λ用のワイヤーの先に

    みの虫クリップを取り付け。

    先に車の配線用のギボシ端子を取り付け延長出来るようにし

    付けたり外したりしてエレメントを共有出来るようにします。

    180cm延長しました。

    設営です。

    12mポール さすがに長いw

    給電部

    コイルを大型の洗濯ばさみで固定

    みの虫クリップにバナナチップを短く半田し

    給電部に接続しています。

    測定です。

    キターーーーー!!!

    始めてバンド内にSWRが落とせました♪

    調子に乗って3.5MHzのタップ位置を探します。

    クリップが摘まみやすいように上下のコイルを

    凹ませます。

    凹ませてもコイル容量はそう変わりません。

    測定です。

    何故か丁度デジタルモードも周波数にw

    そんな感じでアンテナの作成は終わります。

    しかし、さすがローバンド昼間は何も聞こえませんw

    今度、時間をみて夜にQSOにチャレンジに行ってみます。

    では。

    | アンテナ | 21:14 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 21:14 | - | - |









           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + HF Propagation
      + amazon
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ