JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
<< 160,80,40m用 ATU使用バーチカルの作成?&実験 | main | HFオールバンドデルタループ 運用 >>
HFオールバンドデルタループATU使用
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

     

    昔からループ系アンテナが好きです。

    何故かは不明ですが原点はヘンテナでしょうか?w

    中学生でお金が無かったのですが簡単に作れる

    ヘンテナは魅力的なアンテナでした。

    今もそう変わりません。

     

    基本、面倒くさがりなので横着するために

    HFをオールバンド化すべく

    ATUを使用しデルタループを作成しました。

    いくつかのサイトを参考にさせて頂きました。

    google先生に「デルタループ ATU」とかで

    検索されてみてください。

     

    まず、簡単に設営できる移動用として企画します。

    基本差し込むだけとかにしたいw

    まずはマウント部

    モノタロウさんで「アルミチャンネル」を購入

    https://www.monotaro.com/p/3671/6714/?displayId=4

    裏側

    金具はパナソニック電工のジャンクションボックス2方出し。

    ちょうど、VP30が刺さる物がありました。

    なぜ、VP30かと言いますと

    手持ちの竿がちょうど嵌まるから。

    三代目になりましたが12月24日現在は売り切れ・・・

    人気なんですね。

    https://www.amazon.co.jp/dp/B08214Q4R7/?coliid=I2LCNVJTS9BADE&colid=1G1CK6ZVGCM73&psc=0&ref_=lv_ov_lig_dp_it

     

    こんな感じです。

     

    ATUは手持ちのicomAH-3ですが

    1.9MHzが使用化というだけで使っています。

    ココでATUとインピーダンスの関係を考えますと

    バンドにより低インピーダンスとなり

    ATUを壊す可能性がある。

    ということで保証用の抵抗をエレメントに入れています。

    20W100Ωのセメント抵抗を5パラ

    20Ω以下にはさせない作戦です。

    抵抗を入れることで受信能力の低下も考えられましたが

    今のところ気にならないです。

    と言いますか50Wなので聞こえても届かないので

    関係無いというのが実情でしょうか?w

     

    竿の先端を一本抜き

    中にワイヤーを通し竿の底からジャンクションボックス内へ

    保証抵抗を入れアース端子に。

    設営 4mH

     

    見事に1.9〜28MHzでSWRを下げることが出来ました。

     

    使用感はバーチカルと比べるとノイズが小さい。

    14MHzでグアテマラ

    7MHzでアルゼンチンと

    南米局とQSOできたのでそれなりに飛んでいるようです。

    もう少しQSOしアンテナの特性を見てみたいと考えています。

     

    | アンテナ | 17:17 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 17:17 | - | - |









           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + HF Propagation
      + amazon
      + qrz.com
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ