JI3XOM 無線部屋

旧コールで20年ぶりに復活しました。
時代は流れ、進化に戸惑う毎日です。
忘れん記録と日記的な活動記録的な何か…
<< モービル走行中? | main | 浦島さんは考える。「アンテナアナライザー編」 #アマチュア無線 >>
釣竿アンテナでアメリカ本土にチャレンジ #WPX Contest #アマチュア無線 #移動運用
0

    JUGEMテーマ:アマチュア無線

     

    HOMEにはアンテナが無いのでWPXコンテスト参加に

    移動運用で行ってきました。

    今回の課題は「釣竿アンテナでアメリカ本土に電波が届くのか!」

    アメリカ本土を狙うならローケーション!

    やっぱり海辺ではないかと

    浜名湖方面の海に近い所に向かいます。

    場所は 道の駅 潮見坂

     

    出発が遅くなり参戦が21時半。

    途中モービルで7Mhzを聴きますと

    「KC6」「KH2」のコールが聞こえてきます。

    アメリカが開けているのか・・・

    焦りますが最近は安全運転です。

     

    何時もの釣竿アンテナを早々にセットしワッチします。

    「KH7・・・・」

    呼ぶ方がおられないので半信半疑呼んでみます。

    応答があり一発でコールもレポートも取ってもらえる。

    向こうはkwと思われるがコッチは釣竿バーチカルの機械は移動仕様

    凄い耳を持っておられ関心しました。

    「KH7XS」

    qrz.comで調べてみますとフロリダ州 ターポン・スプリングス

    本土やん♪ 今回の目標達成♪

     

    気を良くして他を探しますがコンディションは下り坂。

    先ほどのKH7XSも急激に弱くなります。

    残念・・・

    もう少し早ければ・・・

    タバレバです。

     

    その後、中国、マレーシア、フィリピンとQSO

    ロシアは耳が悪く聞こえどもピックアップ無し。

    中国の局も両極で耳が良い悪いが半々。

     

    9M8YY、BV30Rは日本人OPだったらしく

    CQを出されているとき英語が素晴らしく

    日本人と思わずコールする。

    日本語で応答があり、こちらが英語から日本語に

    急に変わらず、失礼してしまいました。

    私の頭が固くて日本語で聴いてるのに

    英語で応答する始末・・・

     

    夜中の2時を過ぎますと強力な中国局も弱くなり就寝

    日の出を狙い午前4時タイマーセット!。

    が・・・

     

    寝過ごす(泣)

    タイマーを止めた記憶が無いですhi

     

    7時起床。

    引き続き7Mhzを聴きますが国内の局が

    出てきており、あまり聞こえません。

     

    そこで、以前テストしました14MhzへQSY

    KH2KY、BV30Rの日本人局と交信。、

     

    その後、電信のソフトキーイングのテストのため

    7Mhz CW で2局 SSBで1局国内交信

    道の駅も混んできましたので閉局とします。

     

    結果、WPX 10局交信

       5エンティティ

       8マルチ

     

    約12時間この程度です。

     

    ココで移動時の写真です。

    本格移動用 会社車

    後ろにはベットキットを組み込んで、ライトキャンパー仕様

    勝手な改造に何も言わない社長「おおきにです」

     

    車高2mの車に6.5mの竿

    かなり目立ちますが省スペース

    犬の散歩のおじさんに「どこまで届きます?」

    と質問されちゃいました。

    昨晩はアメリカと答えておきました。

     

    中はこんな感じで運用

    115Aのディープサイクルバッテリーで動かします。

    パソコンは車のバッテリー直結でDC-ACコンバーター使用

    インバーターのノイズが無線機に入らないように

    電源ラインを別に分けます。

     

    なぜか何時も移動についてくる娘と犬

    ひとしきり聴いて飽きたら辺りを散歩に行きます。

    電話で交信している姿が面白いらしい。

    電信は分からんから「つまらん」と一言。

    海外コンテストなので英語で応答すると娘は一言

    「英語わかるんや」失礼な。

    無線で使う英語は分かる。使えるw

    日常会話で無いですから。

    昔の杵柄です。

     

    一応、今回の目的は達成♪

    海外コンテストに移動運用で参加でき楽しめる。

    本来のコンテストとは違う楽しみ方である。

    しかし、面白い。

    自作のアンテナ、それも基本1/4λのバーチカルで

    アメリカ本土と交信できた。

    次は南米、ヨーロッパと期待は膨らむが

    ヨーロッパは難しいかな?

     

    アンテナの問題点も良くわかった。

    7Mhzは短縮型の宿命で非常にバンド幅が狭い。

    リグのチューナーでは同調できない。

    周波数変更の都度、アンテナ直下のチューナーで合わせる必要があり

    都度、車外に出る動作が必要で運用に専念できない。

     

    14Mhzは一度直下のチューナーで同調させると

    ほぼ、リグのチューナーで足りる。

    たぶん、14Mhzはフルサイズに近いサイズだからだと思われる。

     

    こういう運用ではオートアンテナチューナーが

    有用なので、良く売れているのだろうと理解できた。

    移動運用だけならアイコムのAH-4で十分なんだろうが

    手持ちはKENWOODの機械だし固定局の開局をにらみ、

    リグのメーカーに左右されず、200WPEPの

    CG-3000を用意したいところです。

     

     

     

    | コンテスト | 23:26 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 23:26 | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + HF Propagation
      + amazon
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE
      + OTHERS
      このページの先頭へ